マテ茶 効能

マテ茶にはどんな効果があるのか?

飲むサラダと言われるマテ茶には、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。このマテ茶の産地は南米地域の一部で生産されていて、その昔には原住民であるインディオたちが薬として飲まれていました。

現代でも、日常的に飲まれるお茶で健康的に効果が高いということで世界中から注目をされています。 北米ではコーヒー、ヨーロッパでは紅茶、南米ではマテ茶というように世界の3大飲料として親しまれています。

この マテ茶の効能で特徴的なものの一つとして挙げられるのが飲む野菜と言われるほどのビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれている点です。

お茶ということで非常に摂取し易いため、毎日忙しい時間の無い方でも偏った食生活で野菜不足を解消することができます。また、ポリフェノールも含まれていることから抗酸化作用も期待できますし、血中コレステロール低下作用、血小板凝集抑制作用、抗菌性・抗ウィルス作用があると言われています。

マテ茶は、どうしてビタミン・ミネラル・食物繊維が入っているの?

マテ茶の生産地は、広い南米でもブラジル、パラグアイ、アルゼンチンの一部地域しか生産されていません。 その理由はマテ茶の元となるマテの木がアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの国境付近に接するイグアスの滝を中心にした半径500km地域にしか生息していないからです。

ここの土壌は火山溶岩流が土台なる赤土が大半になっており、この 赤土の成分は鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。そこで育つマテの木から出来上がるマテ茶の成分がミネラルなど栄養素が豊富になるのは頷けます。

そして、このマテ茶が健康に効果があるという裏付けもあります。 アメリカの農務省が出したデータから見ていきますとアルゼンチン人の牛肉の年間消費量は65kgもあり、アメリカ人の43kgを遥かに上回っています。しかし、肥満率のデータを見るBMI指標は、アメリカは65%であるのに対してアルゼンチンは36%となっており、とても低いのです。

この肥満率が低い結果は、アルゼンチン人は日常からマテ茶を飲んでいるからと言えるのです。

肥満防止・ダイエットにはマテ茶と同時にラクトフェリンもとても有効です。併用すると効果的かもしれませんよ。

飲むサラダマテ茶は苦くて飲めないんじゃないか?

飲むサラダだからといって、まずくて飲めないような味でしたら意味がありません。 でも、大丈夫ですよ!

マテ茶は飲みやすくて食物繊維やビタミンが摂取できるすごいお茶なのです。 おいしい、飲みやすいと答えた人は60%もいて、うまくないマズイと答えた人はたった6%しかいなかったそうです。 これなら、お子さんや野菜が苦手な人でもこれなら飲めそうですね。

しかも、マテ茶はとても経済的ですよ! 青汁が一杯100~150円くらいしますが、マテ茶は1杯たった10円程度です。 これはとっても助かります!

さらに、手間暇もそんなにかかりません。 ティパックになっていますのでお茶がつくりやすくなっています。

外国のお茶だから心配な面がありますが、大丈夫です! よく耳にする外国の食品は農薬問題ですが、これも大丈夫です。 生産地であるアルゼンチンの有機認証機関アルゼンサートと日本農林水産省の有機JASマークを取得しています! 国が太鼓判を押している有機マテ茶はまったく心配ありません!

味も大丈夫、値段も大丈夫、衛生面も大丈夫なこの3拍子揃ったマテ茶で野菜不足で偏った食生活を改善しましょう! 今なら初回限定でお得なセットが送料込みで1,200円で試せます!